SHOP

  • BOOKS

Spring / Summer / Autumn / Winter

Nigel Peake

  • ¥2,640 Sale
Nigel Peake - Spring / Summer / Autumn / Winter

自然や町の風景から彼の線を見つけ描く北アイルランド出身のアーティスト、ナイジェル・ピークがmitosayaを描いたドローイングをまとめた、2冊組の作品集です。

彼がmitosayaを訪れたのは2018年と2019年の晩秋。いつものネイビーのジャケットに分厚いスケッチブックを抱えて、あちらこちらを歩き回っていました。

その後、彼から届いた30点を超えるドローイングを2020年の1年間、mitosayaのパッケージに使わせてもらっています。出来上がったオー・ド・ヴィーに合わせ、モノクロの線を読み解き、こちらで色や配置を考えてラベルやラッピングペーパーにして、本人に送る。数回のやりとりを経て出来上がるパッケージが、逆にmitosayaの方向を指し示してくれることもありました。

スイスのパブリッシャーNievesとmitosayaで共同出版したこの本では、レイアウトも構成もすべてナイジェルによるもの。各16ページの薄い本ながら、モチーフの選択、描かれた線、色の組み合わせ、どれもが彼らしく、彼が見る世界はこうだったんだ、という新鮮な驚きがあります。

日本の本から発想したという色のついた帯が巻かれます。

以下はナイジェルのコメントです:

mitosayaは東京から数時間の千葉県にある蒸留所。かつて薬草園として利用されていました。私は2回訪れているが、2回とも晩秋に訪れている。mitosayaを訪れるたびに、ヒロシと彼の家族が形作ってきた小さな新しい世界に足を踏み入れるような感覚になりました。このスリムな2冊の本に描かれている絵は、今年のmitosayaのラベルとして作られたものです。

Nigel Peake
アーティストであり、自身を「ドローワー」と呼んでいるナイジェル・ピークの作品を一概には言えません。北アイルランドのバリートラスタン(ダウン州)で育ち、現在はパリとバリートラスタンに住んでいるナイジェルは、もともとエディンバラで6年間建築を学び、2013年には建築事務所で教えるためにスイスに滞在していました。過去10年間で彼は Princeton Architectural Press, Yvon Lambert または自身で、50冊以上の本を出版してきました。彼の作品は、彼が訪れた場所に基づいています。クライアントにはHermès, Flos, Rapha, and Luca Guadagninoなどがある。今までに東京、ニューヨーク、パリ等で展覧会が開催されています。 https://www.nigelpeake.com/

各16ページ
サイズ:19.5 x 25.5 cm
発行:Nieves / mitosaya

This is a two-volume collection of drawings of mitosaya by Nigel Peake, an artist from Northern Ireland who finds and draws his lines from nature and cityscapes.

He visited mitosaya in the late autumn of 2018 and 2019. He walked around here and there with his usual navy jacket and a thick sketchbook.

I have since received over 30 drawings from him, which I will be using for mitosaya packaging for the year 2020. To match the finished eau-de-vie, we read the black-and-white lines, think about the colors and placement here, make them into labels and wrapping paper, and send them to him. After a few exchanges, the resulting package sometimes pointed me in the direction of mitosaya.

In this book, co-published by mitosaya and Swiss publisher Nieves, Nigel did all the layout and composition. The book is thin, with only 16 pages each, but the choice of motifs, the lines drawn, and the color combinations are all very typical of Nigel, and it is a fresh surprise to see the world as he sees it.

The book will be wrapped with a colored obi, inspired by a Japanese book.

Here's what Nigel has to say about it

mitosaya is a distillery located in Chiba prefecture, a few hours from Tokyo. It used to be used as a medicinal herb garden. I have visited twice, both times in late autumn, and every time I visit mitosaya it is like stepping into a small new world that has been shaped by Hiroshi and his family. The pictures in these two slim books were created as labels for this year's mitosaya.

Nigel Peake
It's hard to generalize about the work of artist and self-described ""drawer"" Nigel Peake. Raised in Ballytrastan, County Down, Northern Ireland, and currently living in Paris and Ballytrastan, Nigel originally studied architecture in Edinburgh for six years and spent time in Switzerland teaching at an architectural firm in 2013. In the last decade he has published over 50 books, either with Princeton Architectural Press, Yvon Lambert or himself. His work is based on the places he has visited. His clients include Hermès, Flos, Rapha, and Luca Guadagnino. He has had exhibitions in Tokyo, New York, Paris and other cities. https://www.nigelpeake.com/

16 pages each
Size: 19.5 x 25.5 cm
Publisher: Nieves / mitosaya

Regular price ¥2,640
Regular price Sale price ¥2,640
Tax included. Shipping calculated at checkout.

mitosaya薬草園蒸留所

〒298-0216
千葉県夷隅郡大多喜町大多喜486
e-mail. cs@mitosaya.com
tel. 0470 64 6041

Instagram | Twitter | Facebook

mitosaya botanical distillery

486 Otaki, Otaki-machi, Isumi-gun, Chiba 298-0216 Japan
e-mail. cs@mitosaya.com
tel. +81(0)470 64 6041

Instagram | Twitter | Facebook

mitosaya