mitosaya薬草園蒸留所

このWEBサイトはアルコール関連のWEBサイトで、20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

YESNO

menu

[Monachus]
Online Distillery Visit and Kampai Tasting

無料 OUT OF STOCK

Monachus Distilleryの、日本でのはじめての販売を記念して、Monachus Distillery オンラインの蒸留所ツアーを行います。

イストリア半島の豊かな自然とともにある、ルカとアニャの蒸留所を案内してもらった後に、みんなでカンパイをしましょう。

参加は無料ですが、MONACHUS DRY GIN、またはCORRETTOを購入した方のみ参加可能とさせていただきます。

日時:2021年6月5日(土)19:00〜20:00頃(日本時間)
人数:50名まで

チケットを購入していただいた方には、Zoomのリンクをお送りさせていただきます。
当日は、購入したMONACHUS DRY GIN、またはCORRETTOをお手元にご用意ください。

※当初、6月5日(水)とご案内していましたが6月5日(土)の誤りです。失礼しました。

無料 OUT OF STOCK

Monachus Distillery

Monachus Distillery は、クロアチアのイストリア半島の南端の海岸沿いの小村にある小さな蒸留所。ルカとアニャの二人が営んでいます。彼らと私たちとの出会いは数年前。まだはじまったばかりのmitosayaにインターンに来てくれたのです。

彼らはそれぞれ電気工学と文化財保護の分野でキャリアを終えており、地元の果物やハーブから蒸留酒を製造できる場所を海の近くに作ろうと考えていました。

2019年の春にmitosayaを訪れた彼らは、フルーツとハーブの収穫や加工、発酵とマセラシオン、蒸留やブレンドなどの作業を行いました。様々な種類の食用の花やハーブの収穫を手伝いました。瓶詰めや梱包、イベントでのプレゼンテーションやカクテル作りにも参加してもらいました。自然からインスピレーションを得て、創造へと活かす私たちの考えに強く共感をしてくれたようです。

その後、クロアチアに戻った二人は、自身の蒸留所を立ち上げます。伝統的なバルカンスタイルの蒸留機を代々作ってきたクロアチアの職人に蒸留機をオーダーし、家族や友人の助けを借りながら、ほとんどの作業を自身で行いました。

Monachusの名前は、この海岸に生息していた絶滅危惧種の地中海モンクアザラシ(Monachus Monachus)に由来しています。

自宅の庭や、イストリア半島で採れた果物やハーブを使って、ジン、アップルブランデー、イチジクブランデー、グラッパなど、さまざまなバージョンを蒸溜し、小規模ながら魅力的な製品を発表しています。できる限り環境に配慮し、地元の野生植物を採集し、地元の果物を購入し、可能な限り生物由来のものを使用し、パッケージにはプラスチックを使用せず、発酵タンクを除いて製造時にもプラスチックを使用しません。

ユーモラスな形のボトルや、有機的な形状のラベルなど、世界観のあるデザインも魅力の一つで、スウェーデンのデザインスタジオ、Bedowによるものです。

https://www.monachus-distillery.com/