mitosaya薬草園蒸留所

このWEBサイトはアルコール関連のWEBサイトで、20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

YESNO

menu

No. 027
Eau de vie
2020
ISUMI KOSUI PEAR
The First Batch in Kioke Barrel

42% vol.

100ml 2,750円  OUT OF STOCK
500ml 11,000円 OUT OF STOCK

mitosayaの醸造室の中央に鎮座する大きな木桶。中に入っているものを聞かれ、何も入っていないんですと答えて、がっかりされる、というやりとりを何度もしてきました。

なかなか中に入れられないのは理由があって、一つはその大きさ。木桶の直径は約160cm、高さも180cmあり、容積は3000L近くあります。つまり相当な量で仕込まないといけないのですが、そんな量の仕入れはなかなかありません。

もう一つは木桶であるということ。ステンレスやFRPのタンクとは異なり、吉野杉と真竹でできた木桶にはどんな菌がいて、どのように発酵するかわかりません。つまり、今までやったことのない量を、やったことのない環境で仕込むという度胸が必要になります。(それがなかった)

とはいえ、最初に仕込むものは考えていて、それは梨。

千葉といえば梨で、特に大多喜から流れる夷隅川沿い、外房の太平洋のそばに位置するいすみ市岬地域は、なだらかで日当たりのいい地形に、海沿いの温暖な気候が組み合わさって、甘くてみずみずしい梨を栽培するには最適の場所です。

この場所で梨農園を営む、関梨園の関さんが、周りの生産者に声をかけてくれ梨を集めてくれることになりました。

お盆の前、最後の収穫のタイミングでそれぞれの生産者が収穫してくれた幸水。コンテナに入れてもらったものを順に引き取ったところ、その量なんと2トン。

問題はそこからで、都合よく(悪く)夏休み中の江口に代わって、スタッフ&助っ人総出で、洗って、砕いて、小さなタンクに入れたのちに、バケツリレーで木桶に入れます。

書けば簡単ですが、それを手作業でやるのだから果てしない工程です。二日がかりですべての梨を木桶に入れました。

暑さも厳しく、一気に発酵が進むのが怖いところですが、他の菌の影響も考えて安全のために酵母を添加して発酵させます。約一ヶ月後蒸留を行いました。

ちょうどヤマロク醤油の山本さんが訪問してくれたタイミングで、蒸留機から出てきたものを一緒にテイスティング。予想以上に木桶!
ついに誕生した木桶仕込みです。

軽やかで甘い梨のブランデーに、桶由来の杉がしっかり香る、初仕込みだからできた最初で最後のバランスをぜひ体験ください。

品目:ブランデー
内容量:100ml / 500ml
原材料:梨(幸水)
アルコール度数:42%
メタノール含有量:0.97mg/c㎥(ガスクロマトグラフ法)

Drawing by Nigel Peake

100ml 2,750円  OUT OF STOCK

500ml 11,000円 OUT OF STOCK